議会改革

議会改革
川崎町議会では、議会が自治体の政策決定機関としての役割を果たし、住民に開かれ、住民が参加できる議会活動を展開するため、議会改革に取り組んでいます。その主な内容は次のとおりです。

1.住民参加型の議会に向けた取り組み(町民の声を町政に!)

議会報告会の開催
町民に対する議会報告会を年1回以上開催し、議会の説明責任を果たすとともに、町民の意見・提言を聴取して議会活動に反映させます。(平成20年度より毎年実施)
議会報告会は議員全員が4ヶ所の会場に分かれてみずから出向き、会議の司会、進行、報告、記録についてもすべて議員が役割を分担して行っています。
・平成20年度議会報告会の概要
開 催 日:平成20年11月17日、18日、22日、27日
参加者合計:106人
報 告 内 容:
①議員報酬及び議員定数の状況
②議会の活動状況
③平成20年度予算の状況
④平成19年度決算の状況
・平成21年度議会報告会の概要
開 催 日:平成21年5月26日、28日、29日、30日
参加者合計:158人
報 告 内 容:①議会活動報告
②議会改革の取組状況
③平成20年度議会報告会における意見等の取組状況
・平成22年度議会報告会の概要 開 催 日:平成22年10月23日(土) 午後6時30分~
場 所:勤労青少年ホーム
参加者合計:138人
報 告 内 容:
①川崎町議会基本条例の制定について
②議案審議の経過について
・平成23年度議会報告会の概要
開 催 日:平成24年2月17日(金) 午後6時30分~
場 所:勤労青少年ホーム
参加者合計:182人
報 告 内 容:
①議会だより第105号について
②通年議会について
・平成24年度議会報告会の概要
開 催 日:平成24年10月22日、23日、24日、26日
参加者合計:78人
報 告 内 容:
①議会だより第107号について
②8月の本会議について
③9月の本会議で審議された主な内容について
・平成26年度議会報告会の概要
開 催 日:平成27年2月14日(土)午後7時~
場 所:川崎町コミュニティセンター
参加者合計:78人
報 告 内 容:
①議会だより第116号について
②議会だより第117号について
議会住民団体懇談会の開催
川崎町民で組織された「公共性を有する団体」を対象に、意見交換の場を設け、町政や議会に対する意見・提言を聴取することにより、町政の課題・諸問題を把握し、政策提案の拡大を図るものとします。
・平成22年度議会住民団体懇談会の概要
期 日:平成22年4月25日(日)午前10時~午前12時
場 所:川崎町立隣保館
対象団体:川崎町行政区長会(19名出席)
テ ー マ:
①地域コミュニティー形成のための行政区未加入者の勧誘について
②高齢者見守りネットワークの活動について
③川崎町における観光戦略のあり方について
④危険な町営住宅取壊し後の建て替え推進について

2.議会運営の経費削減(財政健全化に向けて!)

議員報酬の削減
議員報酬を5パーセント減額。
(平成19年1月から平成23年3月までの期間、年間削減額約458万円)
議員定数の削減
平成23年5月から議員定数を2名削減し、議員定数を17名としました。(年間削減額約848万円)

3.議会機能の強化に向けた取り組み(議会権限の行使に向けて!)

議決事項の追加
議会が議決すべき事柄に「川崎町総合計画」の他に、関係する各種計画を加え、条例化します。
議員研修会の実施
議員の資質や政策能力向上のため、閉会中に議員研修を実施しています。
なお、現在までに実施した議員研修会の内容は次の通りです。
・地方分権化における議会のあり方
・地方財政の現状と課題
・議会報告会に向けた町財政研修
・政治倫理条例と町政に携わる者の責務
・公職選挙法に関する研修
・新しい町づくりに期待される議会・議員の役割
政策決定過程の資料調製、政策評価の実行
町長が予算提案する場合は、その決定過程を説明できる資料を調製し、議会はその審議に当たり論点・焦点を明らかにし、執行後の決算審議を通じて政策評価を行っていきます。

4.その他の活性化に向けた取り組み

住民アンケートの実施
町民の方々の議会に対する関心の度合、求められている議会活動は何かといったことを把握するため、20歳以上の町民の中から無作為に1000人を抽出し、議会に対する住民アンケートを平成21年10月に実施しました。
傍聴者受付簿の見直し
個人情報保護のため、傍聴者受付簿を単票方式に変更しました。また、傍聴者に対するアンケートを実施します。

5.議会基本条例の制定

川崎町民の身近な政府としての議会の役割を果たし、議員の自己研さんと資質の向上に向けた取り組みを継続的に実施するため、今まで川崎町議会が実施してきた議会報告会等の開催の規定や議会がいつでも活動できるよう議会の会期を通年とし、質問者に対する反問権の付与や議会の議決事項の追加等、議会活動の基本的事項を定めた「川崎町議会基本条例」を平成22年6月定例会において可決しました。

議会基本条例(PDF)

Copyrights(c) kawasaki town council All Rights Reserved.